外科について
動物病院は、ヒトで言うところの総合病院です。日々の診療では、『皮膚がカサカサして痒がっている等の皮膚科医の仕事』や『歯垢・歯石除去等の歯科医師の仕事』『耳がただれている等の耳鼻咽喉科医の仕事』『目が赤い・白内障等の眼科医の仕事』など診療領域は多岐にわたります。
そして、病気の治療も多岐に渡ります。様々な症状や状態によって飼い主様とご相談しながら治療法の選択肢をお示しし内科疾患には内科的治療、外科適応の症例にはメリット・デメリットを含めた治療法をご説明しながら苦痛を軽減する治療を提言いたします。このページでは、昭島動物病院の強みの1つである『外科』についてご紹介します。
もし椎間板ヘルニアになってしまったら・・・
椎間板ヘルニアは、ダックスフントやW.コーギー・ビーグルがかかりやすいと言われています。ダックスの25%は、(初期症状も含めて)椎間板ヘルニアになったことがあると言われています。
近年、椎間板ヘルニアの症例も増えてきておりますので、昭島動物病院での椎間板ヘルニア症例に関してご紹介させていただきます。
診察 ~検査・診断~
椎間板ヘルニアは、激しい痛みを伴い日常生活にも影響が出てしまうこの病気です。
もしも、愛犬に下のような症状が見られたら是非ご相談ください。
  • お散歩中に足がふらつく
  • もたもたと歩くようになった
  • 突然触られるのを嫌がる
  • 階段を嫌うようになった
  • ソファから降りにくそう
  • 抱っこするとびっくりした
・・・このような傾向はもしかすると椎間板ヘルニアの疑いがあるかもしれません。
このような場合、まず触診と打診による検査、そしてレントゲンでの検査を実施します。
椎間板ヘルニアは症状によって病気のレベル(=グレードと呼びます)が変わってきます。 もっともグレードの低い状態でしたら内科的な治療が中心となります。
状態によってはMRI検査(または脊髄造影検査)で病変部位を特定します。
脊髄造影検査では20%の割合で特定できない場合があります。MRIは95%の確立で確定できますので、飼主様と動物の状態と費用の面を含めて相談しながら検査を進めます。
麻酔の前は?
手術の前の検査
術前検査では、手術の前に体調に異常がないか、手術ができる状態であるかを調べます。
使用機器
下記の機器を用いて得たデータは、管理システムでデジタル管理されますそのため、常に体の状態をチェックすることができます。
心電図測定器
心電図測定器
血球カウンター
血球カウンター
血液生化学測定装置
血液生化学測定装置
CRP測定装置
CRP測定装置
CR(デジタルレントゲン)
CR
(デジタルレントゲン)
グレード3以上・内科的治療で反応がない・症状が増悪する場合には外科手術適応となります。
手術中は?
最新設備で安心の手術
手術には最新の機器を導入し、経験豊富な医師が行います。また、道具の殺菌や機器のメンテナンスなど万一のミスも無いように細心の注意を払っています。
滅菌
使用する道具は常に殺菌、消毒しているので、手術中での細菌の侵入を防ぐことが出来ます。
心電図モニター
常に心電図・血圧・体温・酸素分圧・二酸化炭素濃度をモニターし手術中の状態を監視します。
手術室
使用する医療機器は全て念入りにメンテナンス整備し、ミスがないよう常にチェックしています。
点滴装置
手術中は水分を補うために点滴を行います。痛みがある時は痛み止めを投与します。
手術後は?
術後の細やかなケア
手術の後の動物達の管理はとても大切です。手術の後、急に様態が変化しないか?体温の状態はどうか?排泄はきちんとしているか?食事を食べているか?など健康な時には当たり前で気づかない事も、動物看護をきちんと勉強している病院の動物看護士達が細やかに確認しています。
また以下のような機器も用いて、常に動物達を看ています!
ICU装置
ICU装置
点滴装置
点滴装置
心電図モニター
心電図モニター
酸素発生装置
酸素発生装置
・・・など
手術後、状態を見ながらなるべく早期よりリハビリを実施いたします。
椎間板ヘルニアの手術後、とても重要になってくるのがリハビリです。昭島動物病院は、東洋医学を実施しておりますので、術後から早期に針灸・レーザー治療等でのリハビリを実施してゆきます。
そして、その他にも歩行訓練、温浴治療のリハビリをしてから、約2週間程度で退院となります。
昭島動物病院の東洋医学のページはコチラ
針治療
針治療
灸治療
灸治療
レーザー治療
レーザー治療
外科手術の流れ
その他の外科手術においても以下のような流れで実施しています。
手術手順チャート
手術の実績
当院で行った手術の実績を一部ご紹介致します。
基本手術
不妊手術:避妊手術、去勢手術
一般外科
・腫瘍摘出手術 ・体表腫瘤切除手術 ・胃切開異物等摘出手術 ・腸切開吻合手術 ・胃捻転整復手術 ・肝葉切除手術 ・脾臓摘出手術 ・腎臓切開吻合手術 ・腎摘出手術 ・臍(へそ)ヘルニア整復手術 ・会陰ヘルニア整復手術 ・ソ径ヘルニア整復手術 ・横隔膜ヘルニア整復手術 ・耳道切開手術 ・唾液腺嚢庖切除手術 ・鼻孔形成手術 ・皮膚形成手術 ・膀胱切開手術 ・尿管膀胱吻合手術 ・尿道整復手術 ・肛門周囲腫瘤切除手術 ・肛門嚢摘出手術 ・直腸内腫瘤切除手術 ・乳腺腫瘤摘出手術 ・子宮蓄膿症摘出手術 ・精巣腫瘤摘出手術 ・潜在精巣(停留睾丸)摘出手術 ・心タンポナーゼ整復手術 ・肺葉切除手術
・・・など
基本手術
・一般骨折整復手術 ・膝蓋骨脱臼整復手術 ・股関節大腿骨脱臼整復術 ・膝前十字靱帯断裂整復手術
・・・など
基本手術
・口蓋裂整復手術 ・口腔内腫瘤切除手術 ・歯根管治療(虫歯治療) ・歯槽骨補強手術 ・軟口蓋切除術 ・歯破折治療術
・・・など
基本手術
・椎間板ヘルニア整復手術 ・末梢神経吻合手術
・・・など
基本手術

うさぎ
・子宮蓄膿症 ・歯根膿瘍 ・門歯抜歯 ・臼歯整復術 ・ソ径ヘルニア ・骨折整復 ・腫瘍切除術 ・胃切開
・・・など

フェレット
・肛門嚢切除 ・胃切開 ・脾臓摘出術
・・・など

ハムスター
・頬袋切除術 ・卵巣 ・子宮摘出術 ・腫瘍切除
・・・など


・骨折整復術 ・腫瘍切除術
・・・など

カメ
・甲羅の修復術 ・亀頭切除術 ・咽頭チューブ留置 
・・・など

昭島動物病院の歯の治療
「猫にやさしい病院」として認定されました。
  • 病院紹介
  • 外科について
  • 東洋医学など
  • 水中トレッドミル
  • どうぶつマメ知識
  • 診療時間
  • スタッフ紹介
  • トリミング
  • よくある質問
  • アクセスマップ
受付順番システム
求人情報
昭島動物病院トリミング室
昭島動物病院
〒196-0022
東京都昭島市中神町1260
Free Dial0120-985-830
TEL042-541-2510
FAX042-633-0787
アクセス
facebook
NRDAアジア